むし歯になりやすく進行が早い子どものむし歯
予防と早期発見・早期治療
が重要

子どもの歯は、大人の歯に比べてエナメル質が薄く、歯質も柔らかいため、むし歯になりやすく、進行が早いという特徴があります。
お子さんの歯をむし歯から守るためには、ご自宅での適切なケアと定期的な歯科検診の受診が重要です。

ごく初期のむし歯であれば、歯を削ることなく、フッ素塗布とブラッシング指導で改善できる可能性があります。

お子さんの大切な歯を守るために、歯が生え始めたら定期的に歯医者さんで歯科検診を受けるようにしましょう。

乳歯のむし歯を放置したときに起こるデメリット

  • 永久歯の歯並びが悪くなる
  • 永久歯もむし歯になる
  • 噛む機能が低下し、全身の発育にも影響してしまう

「いずれ生え変わるから」
と乳歯のむし歯を治療せずに放置してはいけません。

乳歯には、永久歯が生える位置のガイド役という重要な役割があります。
むし歯などで早期に乳歯を失ってしまうと、空いたスペースに隣の歯が倒れこんできてしまい、永久歯の生える場所が失われてしまいます。
その結果、永久歯の歯並びが乱れてしまうのです。

また、むし歯が進行し、歯の根の先まで感染してしまった場合、下から生えてくる永久歯のむし歯リスクが非常に高くなってしまいます。

むし歯で歯が痛かったり、歯のない部分があったりすると、しっかり咀嚼(そしゃく)できなくなります。
柔らかい食べ物ばかりを食べていたり、片側だけで噛んでいたりすると、顎の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。
また、食事の内容に偏りが生じ、成長に必要な栄養素を十分に摂取できず、身体や脳の健全な成長を妨げてしまう可能性があります。

乳歯のむし歯は放置せずに、きちんと治療しましょう。

碑文谷デンタルオフィスの小児歯科

  • 子どものむし歯を治したい
  • 子どものむし歯を予防したい
  • 学校の歯科検診でむし歯を指摘された

このような場合は、当院へご相談ください。

フッ素塗布

フッ素塗布はむし歯予防に効果があります。
フッ素は、歯のエナメル質の再石灰化を促し、歯質を強化します。
歯科医院で行うフッ素塗布は、市販の歯磨き剤に含まれるフッ素よりも高濃度なので、より強い効果が期待できます。
フッ素塗布の効果は約3ヶ月間続くため、3~4ヶ月に一度のフッ素塗布をおすすめします。

むし歯治療

当院では、子どもたちとの信頼関係の構築を大切にしています。
そのため、初めて診療を受けるお子さんに対しては、すぐに治療するのではなく、まず信頼関係を築くことから始めます。
お子さんの表情や反応に注意を払いながら、焦らず、お子さんのペースに合わせた歯医者さん嫌いにさせない「やさしい小児歯科診療」を心がけております。

ブラッシング指導・
仕上げ磨き指導

お子さんには、むし歯予防の基本である正しいブラッシング方法についてご指導させていただきます。
歯ブラシの持ち方やブラシの動かし方、歯のすべての面を磨く方法などをお伝えしています。

親御さんには、仕上げ磨きの方法や、特にむし歯になりやすい奥歯の凹凸部分の磨き方についてレクチャーさせていただいております。
永久歯が生え揃うまでは、仕上げ磨きをしてあげると良いでしょう。

歯科検診

むし歯は、歯に穴が開く前のごく初期の段階で発見することができれば、歯を削ることなく改善することが可能です。
子どものむし歯は見つけづらいため、定期的に歯科検診を受診し、むし歯の早期発見・早期治療を目指しましょう。

また、歯科検診では、歯のクリーニングやフッ素塗布もおこなっておりますので、むし歯予防につながります。

歯が生え始めたら
歯医者さんデビュー

個人差はありますが、生後6〜9ヶ月頃に下の前歯が2本生えてきます。

歯が生えて、すぐにむし歯になることはまれですが、歯質の弱い乳歯はご自宅でのケアと生活習慣が重要です。

当院では、親御さんへお子さんの歯のケア方法や生活習慣についてのアドバイスをおこなっております。

また、人見知りが始まる前に歯医者さんデビューしておくことで、のちのち「イヤイヤ」に悩まされることもないでしょう。

歯医者に苦手意識を持たないということは、生涯を通じて、大切な歯を守りやすくなります。
お子さんの大切な歯を守るために、早めの歯医者さんデビューをおすすめします。

WEB予約 予約
診療時間
日祝
9:30~13:30
14:30~17:30
休診日:月曜、日曜、祝日
予約 WEB予約 電話をかける
日祝
9:30~13:30
14:30~17:30
休診日:月曜、日曜、祝日