専門医による
インプラント治療で
食事も会話も快適に

インプラントの魅力は「自然な見た目」で「天然の歯のように噛める」こと

インプラントとは

インプラントとは、医療目的で体内に埋め込まれる器具の総称です。 骨折・リウマチなどの治療で骨を固定するためのボルトなどが当てはまります。
歯科で使用するインプラントは「デンタルインプラント」と呼ばれています。歯を失った部分の顎の骨に歯根の代わりとなるインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を装着することで歯の機能を補う治療です。

日本口腔インプラント学会 口腔インプラント専門医 
院長 坂本 圭

当院の院長は日本口腔インプラント学会で口腔インプラント専門医の資格を取得しております。インプラント治療を安全性高く行うためには、専門的な知識と技術が必要です。
また、東京歯科大学歯科口腔インプラント科で得た豊富な臨床経験をもとに、総合的な治療を行っています。

日本口腔インプラント学会
口腔インプラント専門医とは

専門医の資格を得るためには、指定の研修施設での在籍期間や治療経験、学会での発表経験などさまざまな条件をクリアする必要があります。
ほかにも、口腔インプラント指導医2名(内1名は施設長)からの推薦も必要です。
また、取得後も学会発表や5年に1回の資格更新が必要で、新しい治療や技術にも対応していることの証でもあります。

このようなお悩みは
「インプラント治療」で
解消しましょう

  • 自分の歯のようにしっかり噛みたい
  • 入れ歯が合わない
  • ブリッジの支えとなる歯がもろくなっている
  • 歯の見た目を気にせずに楽しく会話がしたい
  • 顎の骨が痩せるのが気になる
  • 残っている歯を守りたい

インプラント治療の最大のメリットは、天然の歯を取り戻したような感覚で、会話や食事をお楽しみいただけるという点です。インプラントは顎の骨に固定されているため、しっかりと安定し、ご自身の歯と同じ程度の力で噛むことができます。
また、自立するため、入れ歯やブリッジのように周りの歯や歯ぐきに負担をかけることはありません。取り外してお手入れする必要はなく、ほかの歯と同じように歯磨きをすることができます。適切なメンテナンスを続けていれば長くお使いいただくことが可能です。
入れ歯に違和感がある方や残っている歯を健康な状態で残したい方におすすめの治療です。

インプラントと
他の義歯の違い

年齢に関係なく、歯を失ったらできるだけ早くインプラントや入れ歯、ブリッジなどの義歯で補う必要があります。お口の中の歯が揃っていないと、歯がない部分に向かって残った歯が倒れていき、お口全体の歯並びに影響が出る恐れがあります。
それぞれの治療法にメリットやデメリットがありますので、ご自身に合うものを選ぶことが大切です。

インプラント入れ歯ブリッジ差し歯
費用
見た目の良さ
噛み心地
お手入れの手間
治療の
手軽さ

※差し歯は被せ物の治療のことです

インプラント治療は、他の義歯とくらべて見た目や噛み心地にすぐれた治療法ですが、治療にかかる期間も長く、保険が適用されないことからも治療費が高額になる傾向にあります。 しかしながら、毎日のお手入れが簡単で、適切なメンテナンスを受けることで長くお使いいただけることからも、メリットの多い治療といえます。

インプラント手術の
「痛みが怖い」「不安」
という患者さんも
ご安心ください

当院では、患者さんの状態に適した麻酔方法をご用意し、不安感が強い方には、ウトウトしている間に治療を終えることができる「静脈内鎮静法」をご提案しています。

静脈内鎮静法とは

麻酔を使用することで、歯科治療中の緊張を和らげて治療を行う方法です。
注射ではなく点滴をとり、眠たくなる成分が含まれている薬剤を投与します。
麻酔が効いている間はウトウトした心地よい状態になりますが、呼びかけにはある程度反応することが可能です。薬剤の投与をやめるとすぐに目が覚めた状態になり、ふらつきがないことが確認できたらご帰宅していただけます。
手術中の記憶はほとんど残らず、あっという間に治療が終わったように感じていただけます。
あくまで不安感や緊張を和らげる目的で行うもので鎮痛作用はありませんので、局所麻酔と併用して行います。

治療前の注意事項
  • ・静脈内鎮静法を行う前は、予約の4時間前からは絶飲絶食をお願いしています。
  • ・治療後は自家用車や自転車などの運転はできません。付き添いの方とご一緒にお越しください。
  • ・処置時間や使用する薬剤によって治療時間に差が出る可能性があります。
  • ・麻酔の効き具合には個人差があり、お薬の効果が残る方もいらっしゃいますので、当日は大切な仕事や細かな作業はお控えください。
  • ・体調がすぐれない場合や治療前に飲食をした場合など、歯科医師の判断で治療を見送ることがあります。

インプラントの費用

インプラント治療の流れ

インプラント治療は外科手術が必要なため、丁寧に治療を行います。費用や心配ごと、ご希望など、しっかりとカウンセリングを行った上で治療を進めますのでご安心ください。

検査とカウンセリング

検査とカウンセリング

インプラント治療を始める前に、検査とカウンセリングを行います。
歯科用CTで、歯や顎の骨の状態を丁寧にお調べした上で、患者さんに合う治療計画をご提案いたします。

1回目の手術

1回目の手術

最初の手術では、顎の骨にインプラント体を埋め込む手術を行います。インプラント体を歯ぐきの中に埋め込み、顎の骨とインプラント体が結合するまでしばらく待ちます。
インプラント治療に時間がかかる理由は、この待ち時間です。
処置から約2週間程度で抜糸を行い、その後およそ2~3ヶ月待ちます。

2回目の手術

2回目の手術

インプラント体が顎の骨と結合したら、2回目の手術を行います。
2回目の手術は歯ぐきを切開し、埋め込んだインプラント体にアバットメント(人工歯の土台)を装着させるための手術です。
2回目の手術のあとは、また待機期間が発生しますが、この間は仮歯を入れて過ごします。

歯の型取り

歯の型取り

アバットメントを装着したら、被せるための歯の部分を作ります。
歯の型取りを行ったら、歯科技工士が患者さんのお口に合う自然な色や形で人工歯をお作りします。

装着

装着

人工歯が完成したら、アバットメントに被せてインプラント治療は終了です。
インプラントを入れた後は、定期的なメンテナンスが必要になります。
患者さんに合わせて適切なタイミングをご案内いたします。

インプラントの詳細は
診療時にお尋ねください

インプラントの詳細は診療時にお尋ねください

当院では患者さんの負担を抑えて治療をお選びいただけるよう、丁寧にご説明いたします。インプラント治療をご検討の方は、定期検診や治療の際にお申し出ください。

費用や手術の流れなど、ご不明な点やご不安な点がなくなるように心がけて治療を行います。
また、安全性に配慮して先進の設備を整えています。

WEB予約 予約
診療時間
日祝
9:30~13:30
14:30~17:30
休診日:月曜、日曜、祝日
予約 WEB予約 電話をかける
日祝
9:30~13:30
14:30~17:30
休診日:月曜、日曜、祝日