"できるかぎり
自分の歯を残す"

むし歯の「根管治療」

むし歯が進行してしまった場合は、感染した歯の神経(歯髄)に対する「根管治療」が必要です。
むし歯の再発防止のために、歯の根に対する精密な治療が求められます。

根管治療が必要なむし歯の場合、そのまま放置すれば歯を失う原因にもなりかねませんし、歯の奥に膿が溜まり全身の健康に影響することもあります。

歯を失っても、入れ歯やインプラントをいれるという選択肢はありますが、咀嚼機能やメンテナンス、見た目の面で自分の歯に勝るものはありません。

また、できるだけ自分の歯を残すため、健康を維持するために、早めに治療を行いましょう。

根管治療とは

根管治療とは

根管治療とは、歯の神経の部分に入ってしまったむし歯菌や感染した組織を丁寧に取り除き、歯の中をキレイにする治療です。

すでに神経の治療を行った場所が再度むし歯になった場合は、詰め物を取り除き、薬剤で歯の中を殺菌します。

殺菌が終わったら、消毒薬を詰めて仮の蓋をして、また次の診察で治療の続きを行うという形で、時間をかけて丁寧に行っていきます。

根管治療の目的

根管治療の目的
おもに、根尖性歯周炎を防ぎ、歯を残すために行います。

また、むし歯菌が血管から全身にめぐってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞、敗血症などさまざまな病気の原因になりますので早めに治療しましょう。

精密な治療を心がけることで、むし歯の再発防止につなげます。

根尖性歯周炎
(こんせんせいししゅうえん)とは

歯の神経の部分がむし歯菌に感染し、骨の中まで炎症が広がることで起こる「歯周炎」のことです。
膿が歯の奥に溜まり、顎や歯周組織に炎症を起こします。

強い痛みや発熱を起こすこともあるため、早めに治療しましょう。

通院回数について

通院回数について
根管治療は、軽度のむし歯治療よりも時間がかかる治療です。
少しでも細菌が歯の中に残ってしまうと、再治療が必要となるため、回数をわけて丁寧に治療を行う必要があります。

症状により治療に必要な時間も異なるため、治療にかかる通院回数は患者さんごとに異なります。
奥歯の治療では、だいたい5~6回の通院が目安です。

根管治療の流れ

根管治療の流れについて簡単にご説明します。詳細は、受診時に遠慮なくお尋ねください。

検査

検査

歯科用CTを使い、歯の根の部分や顎の骨の様子など見えない部分も丁寧に検査を行います。

治療方針は、検査の結果に基づき、患者さんと話し合いの上で決定していきますのでご安心ください。

最後に被せる「歯の被せ物」を保険診療のものにするのか、自由診療のものにするのか、ご希望があればご説明します。

感染箇所を取り除く

感染箇所を取り除く

ファイルと呼ばれる器具を使い、感染箇所を丁寧に取り除いていきます。
すでに治療済みの場合は、以前の治療で詰めた詰め物を取り除きます。

薬で殺菌する

薬で殺菌する

感染部分や詰め物を取り除いて、薬を使い歯の内部を清掃し殺菌していきます。
ファイルだけでは消毒しきれなかった部分も、しっかり洗浄し菌が残らないように配慮します。

消毒液を詰めて
仮のフタをする

消毒液を詰めて仮のフタをする

感染部分や詰め物を取り除いたら、歯の内部がキレイになったら消毒液を詰めて、仮のフタをします。

しばらくは殺菌、消毒の治療を通院ごとにくり返し、むし歯が再発しにくいように丁寧に治療を行っていきます。

殺菌が完了したら
根管充填を行う

殺菌が完了したら根管充填を行う

十分に殺菌できたら、根管に詰め物をする「根管充填」を行います。
歯の中に再び菌が入らないよう、キレイに詰め物をする治療です。

殺菌効果がある薬剤と、ガッタパーチャというゴム状の樹脂を詰めていきます。

土台を入れて被せ物をする

土台を入れて被せ物をする

素材を封入できたら、土台を入れて被せ物を行います。

被せ物は、保険診療の被せ物や自由診療の被せ物から、患者さんのご希望に合わせてお選びいただけます。

自由診療の被せ物は費用が高くなるデメリットもありますが、本物の歯に近い見た目の白い被せ物を選択できたり、二次むし歯を防ぎやすくなったりするメリットもあります。予算やご希望など、気軽にご相談ください。

根管治療は
碑文谷デンタルオフィスへ
ご相談ください

根管治療は碑文谷デンタルオフィスへご相談ください

碑文谷デンタルオフィスでは、先進の機器や技術を導入し、治療の精度を高めることを心がけています。

根管治療は時間がかかる治療ですが、丁寧に治療を行うことで、歯を長く残すことにつながります。
根気よく通院することが大切です。
当院も、患者さんが少しでも通院しやすくなるようサポートします。

また、根管治療まで進まなくてすむように、歯の定期検診やむし歯の治療も行っておりますので、ご予約をお取りになってお越しください。

むし歯治療について詳しくはこちら

WEB予約 予約
診療時間
日祝
9:30~13:30
14:30~17:30
休診日:月曜、日曜、祝日
予約 WEB予約 電話をかける
日祝
9:30~13:30
14:30~17:30
休診日:月曜、日曜、祝日